プロの指導で痩せる!ダイエット合宿

3日坊主の私でもダイエット合宿で5kg減量、もうリバウンドなんてしない!

HOME » 成功するダイエットのコツ » 基礎代謝を上げる

基礎代謝を上げる

ダイエット合宿で減量を成功させるには、基礎代謝を上げてエネルギー消費を高めることが大切です。

基礎代謝量を上げる

基礎代謝とは、安静にしているときのエネルギー代謝。すなわち生命活動をするうえで常に使っているエネルギーのこと。同じ身長と体重でも、脂肪が少なく筋肉量が多ければ基礎代謝量は高く、消費エネルギー量も多い。

赤筋を鍛えることがポイント

基礎代謝を高めるためには、筋肉量を増やすことが重要!身体には「白筋」と「赤筋」の2種類の筋肉があり、白筋は、走ったり、飛んだり、何かを持ち上げたりと力を使う運動で働く筋肉。赤筋は呼吸のために肺を動かしたり、骨を支えたり、血液循環を促すために伸び縮みする際に使われる筋肉。

基礎代謝を上げるには、エネルギー消費の多い赤筋を鍛えることが大切で、身体をゆっくり動かす動作で赤筋が使われます。 また有酸素運動で心臓や肺などを鍛えると、基礎代謝が増え、全身の持久力がアップし、脂肪も効率よく燃焼できるようになり、太りにくい体になります。

有酸素運動の代表的なものはウォーキングですが、最近人気のあるランニングやヨガはおすすめ。体内に十分な酸素を取り込みながら行うことができます。

有酸素運動で脂肪を減らすには、40分以上続ける必要。運動を開始して20~30分までは、血液中や筋肉、肝臓に蓄えられた糖質(炭水化物)が主にエネルギーとして使われます。その後、体脂肪がよく燃えるようになるには、有酸素運動は20分以上行うことが重要なのです。

基礎代謝が悪いと脂肪を溜め込みやすい体質になります。有酸素運動で筋肉を鍛え、基礎代謝量が上がれば、寝ているときもカロリーを消費しやすい体にしてくれるのです。

 
ページの先頭へ
HOME » 成功するダイエットのコツ » 基礎代謝を上げる
プロの指導で痩せる!ダイエット合宿